国際交流

●ラオス人民民主共和国

ラオスとの国際交流

ラオスは、海と接しない内陸国であり、国土の多くが山岳で占められています。 比較的森林資源が多く残っていた地域でしたが、 近年急激な森林破壊が進み深刻な問題となっています。

 かつてラオスは大国の統治を受けていましたが、
1975年、「ラオス人民民主共和国」として独立しました。
豊かな自然が息づくこの国では、人々は心の豊かさで溢れています。たとえ経済的に恵まれていなくても、子供たちの笑顔は、光り輝いています。
私たち日本人が忘れかけている何かがこの国にはあります。

ラオスとの交流

●交流内容

平成24年11月、ラオス農林省と西粟倉村は、協定を結び、
森林管理や水稲栽培などで、相互に協力する活動が始まりました。

2013年6月1日に開催されたラオス全国植林祭に西粟倉村も参加。
式典後、7種類の植樹をしました。苗木は7~8年で成長します。

  ラオスの気候はモンスーンの影響で明瞭な雨季と乾季があり、
5月から11月にかけては雨季、乾季がその後4月まで続きます。

 その為、木材の伐採期間が限られるので、計画的な植樹を行う事が森林再生の要であります。

 西粟倉村とラオスとの取組で豊かな森林再生を目指します。

●ラオス産製品案内

ラオス産オーガニックコーヒーは、道の駅あわくらんどでお召し上がりできます。

  • ・黒炭
  • ・コーヒー豆
  • ・白炭
  • ・かんぴょう
  • ・薪
  • ・木材
  • ・木工製品

●お問合せ先

(株)あわくらグリーンリゾート 
〒707-0503 西粟倉村影石412
TEL : (0868)79-2330

  • イベント情報
  • 宿
  • 食・休憩
  • レジャー
  • 自然
  • 体験
  • 公園
  • 歴史
  • イベント体験情報
  • ガイドMAP
  • アクセス
  • トレッキングマップ